<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 25日
HOTEL mayet
d0029840_1674273.jpg
d0029840_16181160.jpg
enjoythemomentさんも泊まったとblogに書かれていましたが、私たちもHotel mayetに泊まりました。
お部屋は、連続して同じ部屋が取れなくて、狭い部屋と広い部屋、両方を。笑
写真はフロント。こんな感じでグレイッシュなインテリア。
ちょっとポップな雰囲気もあって。
ボンマルシェも近くてとっても便利です。
[PR]

by hempine | 2010-10-25 16:20 | 2010 Paris
2010年 10月 25日
merciで見つけた気になるもの
d0029840_15101769.jpg
ちょっと写真曲がってるけど・・・Merciです。
去年は行くのを忘れていて(!)今年初訪問。
気になるものを載せていきまーす。

More
[PR]

by hempine | 2010-10-25 15:47 | 2010 Paris
2010年 10月 17日
Entrée des Fournisseurs
d0029840_23163662.jpg
d0029840_23223053.jpg
Maraisの、Entrée des Fournisseursに行きました。
パリには本当に沢山のメリスリー(手芸店)があります。
モンマルトルのBasilique du Sacré-Cœurの周りなんかは、
巨大で、値段も買いやすいタイプのお店がずらり。
オペラ周辺だと、UltramodやAnnie Bouquetなど、老舗でプロ向けな印象のお店が。
こちらのEntrée des Fournisseursは、先に挙げたお店とは少し違った、
どちらかと言うと、今っぽいセンスに溢れる、セレクトされた商品の並ぶお店 だと思います。
(やはりマレっぽいですね)
それだけにイマジネーションも膨らみます!
d0029840_2325251.jpg
悩みに悩んで、買ったのがこちら。
チュールは沢山種類があって、もっと派手な色目も買えばよかったなぁと少し後悔。
白地に柄の生地は今期のリバティ。
日本で見ないリバティを買おうと物色していたら、こんなに可愛い生地に出会いました。
色もこれ以外に3色くらいあったかなぁ・・・
後で調べたら、minä perhonenのデザインだそうです。
(更に、ボンマルシェでROSEannaの下着にこの生地が使われているのを発見して、
とてもテンションが上がりました!)
あとは、日本に無い(有ってもとても高い;)テープ類。
リバティのバイヤスも日本に多分無い色かなと思って。
それにしても、メリスリーで買い物するのはかなりドキドキ。
だって英語はあまり通じないし、○○mとか、他の色は?とか、
このリバティはここにしか売ってないの?とか、
作るものや、色合わせや、質問内容を考えながら要求するのに頭を使います。。
d0029840_23285519.jpg
さて。
これらの生地に、モンマルトルで買った1つ10サンチーム(!)の、セラミックのボタンをつかってバレッタをつくりました。
ピンもつければコサージュにもなるかな。
生地をもっと大きく使って、また別のものも作りたいなーと思案中です。
[PR]

by hempine | 2010-10-17 23:39 | 2010 Paris
2010年 10月 11日
ANAHI
d0029840_23571178.jpg
d0029840_2357262.jpg
写真が暗くて申し訳ありません。
アルゼンチンレストラン、ANAHIで夕食。
写真は上から、ヘレステーキと、とうもろこしのグラタン。
日本の霜降り〜の、脂美味しい!って感じのお肉ではありませんが、
元々赤身のヘルシー肉が好きな私には、丁度いい感じで美味しい。
ま、こっちのお肉ってほぼこんな感じなんですが。

メニューは色々あって、『アルゼンチンステーキ』と『普通のヘレステーキ』が。
彼とひとつずつ頼みましたが、さほど差は無く。
アルゼンチンのが気持ち柔らかくて美味しかったかな。
とうもろこしのグラタンも、大好きなコーンがごろごろ入っていて甘ーくって美味。

d0029840_01511.jpg
d0029840_031782.jpg
d0029840_033821.jpg
でもこのお店、知らなかったらぜーったいに入っていないであろうルックス。
第一、外から見た時レストランとも分からない程で、
「え、ここ!?どうする?入る?やめとく??」
って軽く相談した位ですから・・・
入り口には謎のカーテン。めくって中に入るとそこはめくるめく妖艶なアルゼンチン?の世界。
雰囲気たっぷりなマダムに、いちいちメニューを確かめるジャポネーゼな私。
燭台がゆらゆら、天井や壁にはヒビが入って、
店全体からもの凄いオーラを醸し出しています。
音楽も、ラテンダンスミュージック的なのがかかっていて、
ここはほんとにParis!?って感じ。

でも、かのマダムもとても親切で、物珍しそうに店内を撮影しまくる私たちに、
2ショットを撮るのを申し出てくれたり、
雨宮塔子さんの話をしているとき(ここも彼女のエッセーに出てきてる)
パティシエの青木定治さんを知ってるかと聞いてみると、
「知らないわ〜日本人だから知らないんじゃなくって、私何かにつけて疎いから」
と、ナイスな返しをしてくれました。

間違いなく、私的ディープParisNo.1です。
料理も美味しいし、次にParisに行く事があったら、多分リピするなー。

ANAHI(アルゼンチン料理)
49,rue Volta, Paris
[PR]

by hempine | 2010-10-11 00:14 | 2010 Paris
2010年 10月 09日
Le Bon Marchéで見つけたもの
d0029840_2254131.jpg
Le Bon Marchéで見つけた素敵なものシリーズ。

More
[PR]

by hempine | 2010-10-09 23:05 | 2010 Paris
2010年 10月 09日
LA GRAND EPICERIE PARIS
d0029840_21185846.jpg
d0029840_21333629.jpg
海外のスーパーって楽しいですよね。
お土産編でも色々載せた食材達を買ったのは、LA GRAND EPICERIE PARISです。

More
[PR]

by hempine | 2010-10-09 22:46 | 2010 Paris
2010年 10月 09日
bread&roses
d0029840_2039031.jpg
d0029840_20395264.jpg
d0029840_20424789.jpg
ホテル近くのBioのカフェ、bread&rosesにて朝食。
エスプレッソマシンの故障で、コーヒー系が無かったので、
思い切ってショコラショーに。
超濃厚だったけど、ブリオッシュと一緒に美味しく頂きました。
バターもエシレ♪
決して安くない(むしろお高い)朝食ですが、朝から席が全部埋まるくらいで人気店の様でした。
d0029840_20493196.jpg
トラックもオシャレ。
[PR]

by hempine | 2010-10-09 20:50 | 2010 Paris
2010年 10月 09日
MIRAMA
Velibですいーっとセーヌを越えて、Parisで絶対に行きたかった中華へ。
d0029840_15321857.jpg
MIRAMAは、雨宮塔子さんの本で読んでずっと気になっていたのです。
3分程並んで、すぐに入れました。
(出るころにはもっと列が!)
d0029840_15331972.jpg
えびのワンタン麺。
d0029840_15342092.jpg
とりの塩胡椒焼き。
この他にも、焼豚のせごはんとか、野菜炒め等を注文。
どれも優しい味付けで、美味しい!
お水もバドワがあったし、大満足でした。

(パリジェンヌ達が、えびワンタンを1つ1つナイフで切ってから口に運んでいるのが何か可笑しかった。麺もフォークにくるくる巻いて食べてたし)


美麗華酒家 MIRAMA
17, rue Saint-Jacques
75005 PARIS

日本語のメニューもあって、注文もラクチンです。
[PR]

by hempine | 2010-10-09 15:38 | 2010 Paris
2010年 10月 06日
MAD+MMT+PUB
d0029840_22355923.jpg
les arts decoratifsへ。

More
[PR]

by hempine | 2010-10-06 22:41 | 2010 Paris
2010年 10月 05日
Velib
d0029840_2222569.jpg
Villa savoyeの後はParisへ戻って、初めてVelibを借りました。
2年前くらいかな?Parisの新たな交通手段としてVelibが導入されました。
所謂貸し自転車です。
街の至る所にVelib stationがあり、好きに乗って降りてが出来る優れもの。
Parisは小さいですし、メトロの駅も沢山あります。
1駅くらいなら全然歩けるのですが、旅で疲れているときはついメトロに乗ってしまいます。
Velibですと、事前にstationにの位置を確かめておけば、
メトロに乗る程でもないなーって距離を楽に移動出来ます。

去年、本気で乗りたかったのですがいまいちシステムが分からなかったので、
とりあえずミシュランのvelibマップを購入し帰国。
インターネットで調べておいて、今年リベンジしました。

写真がVelibステーション。
クレジットカードを差し込んで登録すればすぐに乗れますし、
30分以内にどこかのステーションに返却すれば、何度借りても一日1ユーロで済みます。

ここはかなりガラガラなステーションですが、街中(Operaやsaint germainなど)ではVelibが一杯になって停められない!なんて事態も頻繁に起こりました。

それに、壊れているものもあるので要注意です。
(壊れているVelibを見つけたら、サドルを反対側に向けるのがマナーらしい)
d0029840_22335972.jpg
パリジャンの乗った後なんて、サドルがこれでもかーって位に高く引き上げられています。
旅行中、Paris中のVelibのサドルを下げまくっていたので、さぞかし迷惑だったでしょうね・・・
(ほんとに彼らは脚が長いってことね)
前かごもついているので、買い物してもラクチンでした♪

ただ、必ず車道を走らなければいけないので怖い思いをすることが有るのと、
車道は空気が汚いので喉がイガイガします。
(後半は、人目を気にせずマスクを使ってしまった私です。)
一方通行もちゃんと守らなければならないので、地図を見ながらルートを決めて走る。
おかげでParisの道に少しだけ強くなりました。

Paris4日でvelibのチケットを3回買ったのと、去年余ったcarnet4~5枚、carnetもう1冊を二人でシェアして丁度くらいだったかな。
Taxi,Bus,MetroとVelibとを上手く併用するのが楽で安上がりなのかなーと思います。
[PR]

by hempine | 2010-10-05 22:44 | 2010 Paris