<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 26日
RIBBON RING
こんなのもらいました。
d0029840_23562699.jpg

d0029840_2363438.jpg

箱の中身はなんでしょう?
可愛いリボンの箱の中から、リボンの指輪!
リボンモチーフ大好きなんですよね♪
しかも手作りだって*
「どこのブランド?」って何度も確かめたけど、オリジナル(笑)

彼は歯医者さんなので、銀歯?をつくる要領で作ってくれた。
ちなみに箱も手作りで*

びっくり。器用!

すごく嬉しいプレゼント。
gem kingdomのピアスと合わせて着けたいな♪
[PR]

by hempine | 2007-11-26 00:05 | diary
2007年 11月 13日
child&baby
子供大好き。赤ちゃんも大好き。
可愛いですよね、子供にまつわる悲しい事件なんて、全部無くなって欲しい。。

d0029840_23514333.jpg

m/f AND YOU 大好きな雑誌です。今でNo.3かな。全部買ってます。(まだ子供いないのに!)
今月は、キャラメル ベビー&チャイルドの特集。

実は、代官山のヒルサイドテラスに、すごく可愛い子供服のお店があるのを発見して、密かにチェックしていたのです。それがこの、caramel baby&child.
シックで、ディティールに凝っていて、上質な子供服だと思います。ショップにはオリジナル他、ドレドレの靴下や(私も小さい時に履いていました。懐かしい~)絵本なんかも置いていて、居心地のいい雰囲気がありました。その時、「子供ができてたら絶対ここでお洋服買う!」って心に決めてました(笑)それくらいツボなんです。

m/fの好きなところが、今回の内容にもあった、「服育」という観点。
「食育」とかよく言うけれど、「服育」って聞きなれないですよね?
子供服だからって、キャラクターや、派手で下品な色味のものを着せるのはどうなのかな。
ファッションは豊かな感性を育んでくれる「はずだと思います。
親がそういったことを自然に子供に伝えられたら素敵。
逆に、お手本にされたり、子供の自慢になるようなママ(&パパ)になる必要があると思います。

d0029840_084765.jpg

high fashion#12
Baby Boom in Tokyoということで、子供と一緒にパチリ。
一色紗英や、田辺あゆみ、モデルとしては懐かしのリヒト・・・
それぞれの考え方やライフスタイルが垣間見えて、楽しい内容になってました。

parisもベビーブームだし、日本も出生率上がってきてるのかな??
[PR]

by hempine | 2007-11-13 00:12 | books&magazines
2007年 11月 12日
girly
d0029840_23254891.jpg

lula
Kirsten Caroline Dunstって、好きなんですよね。
もうひとり、大好きなKeira Christina Knightleyも出てるし。
すごくスレンダーで大人っぽい。一つ年下には絶対見えない。
キーラは今月号のginzaにも出てたかな。

d0029840_23292368.jpg

kate nash
めちゃかわいい!歌詞よくわかんないけど、けっこうむちゃくちゃゆってそう。
[PR]

by hempine | 2007-11-12 23:33 | books&magazines
2007年 11月 08日
A&W shopping②
冬が近づくと、すごい勢いで、タイツ・レギンスを買う傾向にあります。
高い金額出しても、つれちゃったり、毛玉ができたり、履き心地悪かったり。
反対に、チープでもツボをついてくるものもあって、なかなか難しい分野です。
好きで、賭け気分でちょこちょこ買ってしまう*


d0029840_101040.jpg
d0029840_10264.jpg


昨日は、another editionでjonathan astonのレギンスを二色買いしました。
ふだんアナザーとか行かないんだけど、web catalog見たら可愛い!
すごく安いけれど、肌触りもいいし、大好きなリブだし(笑)また買いに行こうと思います。

d0029840_14942.jpg

それから、beamsでMICHIRU ABEの財布を買いました。
前から気になってるブランドで、髪ゴムは何個か買ってたんだけど、柄が可愛いの!
豚革にインクジェットプリント。ちょっと大きめだけど、この際カードいっぱい持ち歩こうかな。
[PR]

by hempine | 2007-11-08 01:05 | fashion
2007年 11月 08日
tokyo designer's week 2007
東京現代美術館のあと、デザイナーズウィークへ行ってきました。
もう夕方だったので焦りつつも。今年も会場は神宮外苑。
100%desihn tokyoをはじめとして、JAPANブランドの展示、BLICKFANG、学生展、産学コンテナ、企業コンテナなどなど、去年よりブースが増えていました。

私の楽しみのひとつは、海外のデザイナーやアーティストが直接来て、プレゼンテーションし、販売するところ。
去年もあった、designboomと、BLICKFANGはそういったカテゴリに入ります。
ただdesign boomは、期待よりは下回るかなー@去年とラインナップが似ていたから*
去年買いそびれたnuki7s jewelryのピアスが買えたのは良かったけれど。
d0029840_040728.jpg

他には、INV/ALT designというところの、ボタンでくっつけられるマグカップはすごく可愛かった*
(webを是非!可愛いです*)

d0029840_0145895.jpg

そして、BLICKFANG.は、チューリヒ・シュトゥットガルト・ウィーンで10年の歴史のある展示会のようです。
ベルリンで入ったお店、picapicaなんかも出展していました。
(上の写真はベルリンのお店で撮らせてもらったものです)
ジュエリーのブランドなんかもオシャレなのが多くて、もっと色々見たかったかな。


さて。100%design tokyoですが、結論から言って、あまり良くなかったです。
なんというか、前に見たなーってものが多かった。
出しているメーカーやデザイナーが同じだからしょうがないのかな?中には、サローネで2回、100%で2回も見ているのもあったり・・@
d0029840_0253968.jpg

そんな中でお気に入りになったのがこちら。
iliasというブランド?デザイナー?の、wallpaper.
後でオージーブランドと分かったんですが、こんなに綺麗なグラフィック、壁紙を久しぶりに見た気がします。webを見てもらえればわかりますが、すごく良い味だしているかと。
周りがproductsばかり推す展示会で、一見地味だけれど、センスが光っていたように思いました。私の好みでだけれどね。

うちの会社のTUKURITEというブースと、母校の産学・sanyoとのコラボコンテナにも寄って帰りました。
去年は大量のリーフレットやカタログ・雑誌で腕が千切れそうな思いをしたけれど、今年はほとんどもらいませんでした。あんまり配ってなかった気もするけれど、どうかなぁ。あまり興味そそられなかったのかもしれない。


渋谷の宮益坂に、澤の井という美味しいおうどんやさんがあって。tokyo行ったら絶対行くお店。神宮外苑が冷え込んでいたのでtaxiで直行して食べに行きました。大阪の私でもすごく美味しいと思うおうどんやさんなので、関西の方は是非行ってみてはどうでしょうか。

まだまだ続きます。
[PR]

by hempine | 2007-11-08 00:35 | arts&design
2007年 11月 07日
space for your future
designer's weekにあわせて、週末はtokyoで過ごしました。

去年は激動?の一週間。
100%design tokyoに出展していたこともあって、まる一週間design漬けだったけど、今回は1.5日だけ。見るところは見て、諦めるとこは諦めるというスタンスで臨みました。

まず、art!東京現代美術館で、space for your futureを見ました。
結論から言って、すごくよかった!

まず、fashion.
cosmic wonderはいつも写真で見ていた前田さんの世界がそのままあって。
blessも、コンセプトがダイレクトに伝わってきて良かったですね。
d0029840_23435736.jpg

初めて知ったアーティストで好きになったのは、Barbara Visser.
「俳優と詐欺師」という映像がスクリーン両面に上映されてたり、「トランスフォーメーションハウス」というアニメーションは、人の動きから空間・建築が構成されていく様が見てとれます。

d0029840_23445066.jpg

それから、Ernerto Neto.
「フィトヒューマネイド」という彫刻(クッション?)を、鑑賞者が身にまといます。
そのまま眠ってしまいそうになる心地よさ。見た目もおもしろくって。
ちょっと、「白雪姫の魔女」の顔みたいで。
座りながら、着ながら、SANNAの1/2モデルのフラワーハウスを眺められます。

建築といえば、石上純也の「四角いふうせん」もありました。
あの、ながーい、ほそーいテーブルのイメージから、インテリジェンスな印象を持っていたのですが、今回も計算されつくしていたのでしょうか。それで?って言っちゃいそうになるけれど、大きな大きな風船、迫力があったのも事実です。

他にも、カンパーナ兄弟の椅子や、蜷川実花、タナカノリユキの沢尻エリカなどなど、イマドキなアーティストも盛りだくさんでした。

ミュージアムショップ、NADIFFなんですね。思わず田中一光さんの色紙メモパッド買ってしまいました。(大学の授業を彷彿とさせます。京都芸大デザイン科の人だけに通じるね)

久しぶりに、面白い作品いっぱい見れて、何か作りたい!て気分になりました。
来年の1/20までやっているので、是非。
[PR]

by hempine | 2007-11-07 23:54 | arts&design