カテゴリ:arts&design( 75 )

2005年 11月 26日
LOVE♡D-BROS
d0029840_2222873.jpg

前にも、このブログで書いたけど、D-BROS、ほんとに良い!

昨日、名刺入れを買いに、VIA BUS STOPへ行ったんですが、
そこにD-BROSの商品がちょこっと置いてるんですね、
思わず、意味も無くバースデーカード買いかけました…笑

で、VIA BUSの上の階に、Angers ravissantっていう、ユトレヒト系列の本屋さんと雑貨屋さんの一緒になった感度のイイショップがあるんですが、そこにもD-BROSの商品が入ってました☆
いままでVIA BUSにしか無いと思ってたから、嬉しい!
それに、Angersには、けっこうラインナップ揃ってるんです。
こないだのcasaにも載っていた、あかずきんちゃんのストーリーのグラスとか、ビニールのフラワーベースとか、クリスマスカードとか。
広告代理店ならでは、印刷技術の上手な扱いで、
紙一枚で出来ているとはにわかに信じ難い仕上がり。
随所にユーモアが隠されていて、イラストは少しヨーロピアンな黒さもあって。
日本人が作ったとは思えないセンスです。

d0029840_033426.jpg

ホームページもかなり凝ってて素敵!
グラフィック系の人だけじゃなくって、デザインに関わる人は見てみてほしいな~
商品は、関西だったら梅田のVIA BUS STOPと、Angers、それから京都の恵文社ならほぼフルラインナップ揃っているはず☆
実際に手にとってみたら、その完成度の高さに驚くと思う!
[PR]

by hempine | 2005-11-26 22:24 | arts&design | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 25日
ワークショップ@神戸
神戸芸工大で、ワークショップがある!ということで、参加してきました。
ドーム研ってゆう人たちが主催なんだけど、ドームの何を研究するんや?って、思いつつも神戸へ…

d0029840_125694.jpg
大学に着いたら、謎のドームがひとつ。
これだけ見たら山みたいにみえるけど、裏に入り口があって、中に入れるんです!
不思議~。

色んな大学の建築系?の学生が30人ほど集まっていて、
このドームの中にみんなで入って、まずはレクチャーを受けました。
グループごとに、まずはカードで小さなドームを作って、
それと同じ方法で、ベニヤのおっきいドームを作るんだって!
d0029840_095831.jpg
4人で、けっこうすぐにつくれちゃいましたw
亀?サッカーボール?ちょっと可愛い♡
中に入って、お茶したり、しばらく中に…

d0029840_0135912.jpg
五角形の空。ドームの中って壁が近い気がして、落ち着けなかった…笑

d0029840_1273587.jpg
ドームをみんなで持ち上げて移動させたり、さながら小さな村の様でした。

そのあと、学校の中を見せてもらってから、ドーム研の活動のスライドを見たり。
ドーム研は日本の劇場の問題点?に関しても研究してるのか、
日本における、劇場の移り変わりのスライドも見ました。
で、討論みたいなのもあって。
みんな、建築系の方だからか、空間に対しての考えがそれぞれしっかりあるようで、
プロダクト系の私にとってはなかなか刺激的ではありました。
大学生で、若いのに、茶室について、とか、文楽劇場について、とか、
話題は渋かった気がしますw

d0029840_1304789.jpg
劇場といえば、その時の話題の中心だった、五十嵐淳の「大阪現代演劇祭仮設劇場」
エアーチューブのアレ、解釈が人それぞれ。
建築に関して素人の私があれを見て思っていたことと、建築を専攻している人が思ったことと、考えのベクトルが違っていてそれに驚きました。

演劇と、映画の違いって、何でしょうか。
映画って、枠内で画が決められていて、見る側はそれをそのまま見ます。
アップのカットや、引きのカット。
見る方は、それは自分で決められない。
当たり前だけど俳優の周りにいるスタッフの様子が見たくても見れない笑

でも、演劇って、そこが自由じゃないですか?
全体を見たり、どこか一部に注目して見たり。
妙に気になる人がいたら、その人ばかり見てしまったり。
前に蜷川幸雄の作品をDVDで見たら、全然良くなかった。
演劇を劇場で見る意味って、そんな風に楽しめる所にあると思うんですよね~

で、この五十嵐さんの仮説劇場って、その、演劇の価値を高める役割、してると思ってた。
平面的な舞台だと、蜷川作品もDVDにされちゃうわけで(笑)
この舞台だと、より3D感が強いってゆうか、その場で見ることで初めて意味を成してくるし。
そうゆう意味で、かなり楽しい試みやと思ってたんですけど、
まぁ、演じる側のやりにくさとか、会場の問題とか、いろいろあるんですね~(´ー`)

結構充実した一日。
たまにはジャンルの違う人と話すのもいいな~◎
[PR]

by hempine | 2005-11-25 01:42 | arts&design | Trackback | Comments(2)
2005年 07月 18日
展覧会レビュー②
d0029840_226486.gifゴッホ展@国立国際美術館、行って来ました。
開館時間が30分早まったのにも関わらず、朝イチで40分待ち、入ってからも、セール会場並の人の多さでろくに作品見られませんでした…
でも、普段美術館なんか行かない人の足をも向けさせるって、やっぱりゴッホ、凄いなぁ、なんて思ったり。

d0029840_22122683.jpgあと、シュテファン・バルケンホールの木と彫刻のレリーフって展示があったんですが、噂どおり、こちらの方が見ごたえがありました。ドイツの彫刻家なんですが、ユーモラスでオシャレな色使いが、なんとも。これが見れただけで満足かも。

そうそう、やっぱり最終日の展覧会では、大阪の美術館とはいえ大学の知り合いに会いますね~
U君&Mちゃんカップルに、デザ科のF助教授ファミリー。外で会うと、ドキッとする(笑)

d0029840_22185382.jpgそして、昨日からはじまっていた、
ウィスット・ポンニミット個展「Melo」@ graf media gm
ここで書いてしまうとかなりネタばれしちゃうので、
詳しい事は言えませんが、
こんな個展、見たこと無い!
すっごく面白かった~ちょっと遊園地のアレに近いかも!?
とにかく、お薦めです。
イラストもカワイイし、grafの作り出す空間無くしては、実現し得ない個展だなって思いました。
8月28日までやっているので是非。私もまた見に行きたいです☆

d0029840_0365386.jpg
写真は、「Melo」の一部。
この位しか載せれませんっ。
[PR]

by hempine | 2005-07-18 22:34 | arts&design | Trackback(1) | Comments(1)
2005年 06月 20日
ぼーっとしてた!
Robert Plattさん。
こないだblogでも書いたんですが、equalの展示で、すっごくいいなー!って思って見ていた、作家さんなのですが、去年までうちの大学の博士課程にいてたみたい…
たしか、大学のギャラリーで似たような作品見たな~って、equalでも思ったんですが、同じ人やん!
ぼーっとしすぎやぁ・・

写真は、作品です。
d0029840_15441960.jpg

[PR]

by hempine | 2005-06-20 15:44 | arts&design | Trackback | Comments(2)
2005年 06月 11日
展覧会レビュー
最近見た、展覧会について。
まずは、equalで見た、4人展。

Robert Platt , 鮫島大輔 , HIMAA , 朝日聡子。

どの作品が、どの人のかはわすれちゃったんですけど、どれもいい!!
なんとなく色のテイストが似ているのか、4人で一緒に展示しているのが心地いい。
以前にもここで書いたとおもうけど、equalはすごく好きなギャラリーの一つ。
まず、展示空間がいい。
天井が高くて、涼しいし、作品がよく見える。
内容的にもおしゃれで、前回はヘビメタな写真展(笑)でちょっと趣味じゃなかったけど、けっこう毎回好みです。
ちゃんとアートが買える、というか、ちゃんとアートと関われる、みたいなとこが、昔ながらのギャラリーのちょっとひとりよがりな所とは違ってて、そこがいいのかも。


ここに来ると、いい感じに創作意欲が書き立てられます。上げたいときに、ひとりで行くのが好き。













次に、graf media gmの、志賀理江子個展「Lilly」

ここのギャラリーのすごい所は、展覧会ごとに変化する空間。
毎回しっかり建設しちゃってて、私みたいにコンスタントに行っている人にしたら、そのスペースがくるくる変わるのを見るのも一つの楽しみです。
今回は、フローリングの敷き詰められた小屋みたいな所に、写真がアトランダムに貼られていて、写真と、空間が込みで作品!って感じ。
入り口に、写真の束みたいな不思議な物体が!(笑)
写真も、色が独特で、ちょっと感傷的な、不思議なもので、独特。


d0029840_17525544.jpg










来週ここで、シアタープロダクツのワークショップに参加します。
楽しみ~また、行ったら感想書きます^^
[PR]

by hempine | 2005-06-11 17:59 | arts&design | Trackback(1) | Comments(6)