カテゴリ:arts&design( 75 )

2009年 03月 17日
white day
d0029840_2245250.jpg

d0029840_22452891.jpg

white dayなんて、日本特有の文化な様ですが、その、white dayの日に本を貰いました。
this is for youってwhite dayにぴったり。笑
でもこれ、気になって何度か手に取ったことのある本。
切り絵を見ると、大学のときの課題を思い出しますね・・・
d0029840_22503294.jpg

d0029840_22504373.jpg

こちらは、カード?と思いきや、活版印刷の冊子の様な・・・
ドイツ語だし、何なのかはわからないけど、蛇腹になっていて、立てて飾ると良い感じ。
印刷の雰囲気とか、色とかとっても好み。
しばらく飾って、パワーを吸収しよう*
紙、だいすき。
[PR]

by hempine | 2009-03-17 22:57 | arts&design
2009年 02月 22日
night fall
d0029840_1155923.jpg

A.F.VANDEVORSTのタイツはこんな箱に入っています。
たかが靴下されど靴下で、
こんな素敵な箱に入っているだけで気分があがる。
このフォントや赤い文字が潔くって好き。
[PR]

by hempine | 2009-02-22 01:19 | arts&design
2009年 02月 12日
annual exhibition
d0029840_23273978.jpg

母校の制作展に。
京都市美術館と、大学の中で展示する学内展とをハシゴ。
久々に大学行ったけど、あぁいいなーって。
インプットするには充分すぎて、ここに通ってた頃の精神的に満たされた雰囲気を思い出してきゅーっとなりながら、作品を見回る。
丁度同じ学年だった友人達が院に進んで卒業制作だったのもあって、感慨深い。
私は就職して2年。彼らはここで2年。
同じ2年でも濃度が違う。私にとっては、会社はまだまだ薄い場所・・・と痛感。
ここで言う濃度って、アートやデザインに関しての、更にその中の自己表現。
この学校に通ってた時は、さっさと就職して仕事する方が自分に向いてると思ってたけど、
それはこの濃くてドライな校風や、周りのアーティスティック過ぎる人々と比較しての事や、
自分が苦しまずに簡単に出来てしまうことがそっちなだけだった?と、悶々。
そういえば社会人一年目、あまりに芸大シックになって友人にメールをしたら、彼は「描いたらええねんって」と。
そうやんなーと思って、久々にアクリルで描いたらちょっと晴れて。
でも、これまで自分の内面80%外的要因20%位で手を動かしていたのが、
100%外的要因で仕事をしているせいか、イマイチ主張したいことが無くなった。
んーよくないなぁ。

まだ、作品展中だから写真は載せないけど、すごく楽しめました。
そういえば去年は旅行中で来れなかったのよね。

-------------------------------------------------------------------
d0029840_2357812.jpg

話は飛ぶけど、ちょっと気になって入ったパン屋さんがめっちゃ美味しかった。
ドイツなパン屋さん。多分ALL天然酵母。
Walder
8:00-19:00 木休
京都市中京区麩屋町六角下ル坂井町452-102
ハイマート麩屋町1F TEL:075-256-2850

焼肉食べに行くにも関わらず、6時過ぎにお腹空きすぎてむしゃむしゃと・・・
写真はロゴを伝えたかったんだけど車の中で撮ったもんで、あぁブレブレ。
このロゴの入ったecoバッグ売ってたり。かわいかったなぁ今度買お。
[PR]

by hempine | 2009-02-12 00:01 | arts&design
2009年 02月 02日
animal
d0029840_239041.jpg

アニマル好きです。
先日買ったカード。シルクやりたーい。
[PR]

by hempine | 2009-02-02 23:09 | arts&design
2009年 02月 01日
beyer
d0029840_2342685.jpg

beyer
バイエルっていうと、幼稚園だったか小学校の頃のピアノの教則本ってイメージ。

玉造の、beyerというブックカフェへ行きました。

置いてある本が、もうどれもこれもセンスが良くって堪らない。
とりあえず、勝本みつるさんという方の「緑色の研究」という作品集と、ドイツの活版印刷のところが作っている味わい深いカードを2枚購入。
(その活版印刷のとこの作品集みたいなのもあったけど、それは非売品でした。残念)

毛マニアさんの作品が置いてあったり、kikusaのと思われるドライフラワーがあったり、
大阪の人同士って良い感じで繋がってるんだなぁと。

二階がカフェスペースで、たっぷり本が置いてあって、ゆったり寛げました。

お店の方が、丁寧に本の説明をしてくださります。
今の感覚に合った、良い感じのお店。
[PR]

by hempine | 2009-02-01 23:51 | arts&design
2008年 12月 11日
Aesop®
d0029840_21575573.jpg

Aesop®のResurrection HAND BALM.
イソップって、オーストラリアのブランド。それっぽくないルックスなんだけどね。
シャンプーとかのボトルが、亜麻色の瓶だったりして、ちょっと無機質なデザイン。
何となく、効きそうな雰囲気してますよね。
普段、アーデンのエイトアワークリームを使ってる私には、ちょっとさらっとした使い心地だけど、
逆に浸透していく感じかも。
冬はハンドクリームって必需品。
だからこそ、パッケージのデザインって私にとっては重要。
[PR]

by hempine | 2008-12-11 22:03 | arts&design
2008年 12月 01日
Dieter Rams
d0029840_21312312.jpg

純粋なる形象-ディーターラムスの時代- @サントリーミュージアム

すごく良かった。
木・プラスチック・ガラス・アクリル・鉄・アルミ・・・
素材と素材の組み合わせ方や、細かなディティール。
モノの顔を作るのがすごく上手くて、
シンプルなんだけど、足りない感じはしなくって、
ちょうど良い感じ。
すごく良い展示でした。

うちのブレンダーはブラウンなんだけど、
古いブラウンのブレンダー兼ハンドミキサーには驚いた!
ちょっとへんてこりんなプロダクトもまたご愛嬌かな。

もういっかい、見に行きたい位かも。
[PR]

by hempine | 2008-12-01 21:32 | arts&design
2008年 11月 23日
neo tropicalia / annette messager / watarium
d0029840_20344844.jpg

ネオ・トロピカリア ブラジルの想像力 @東京都現代美術館
思った以上に良かった。
ブラジルって何年か前からすごいブームだけど、
日本と文化が違いすぎて興味津々。
大胆で、ちょっとグロくて好き。
葉っぱがスピーカーになるのがあったんだけど、すっごくびっくりした!
生きた大きな葉っぱから音楽が聞こえるの!
これは見た人にしか分からないなぁ・・・
Rivane Neuenschwander リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー というアーティストの映像もツボ。
生き物を使った映像で、何かずーっと見入ってしまいました。

d0029840_20415414.jpg

アネット・メサジェ @森美術館
すごく好き。annette messager.
こんな風に世界が見えているのかーと。
可愛くて、グロくて、女性らしい作品達。
久しぶりに行った森美術館は、夜景もとっても綺麗だった*

d0029840_20473841.jpg

I love art 9 @watarium museum
コレクション展。
キースとかあんまり興味無いけど、ここの雰囲気は好きで。
4Fで、こんなソファに座って映像を楽しみます。
建築的にも好きだし、onsundaysもなんか好き。
[PR]

by hempine | 2008-11-23 20:51 | arts&design
2008年 11月 16日
tdw 2008
tokyo designer's week 2008.
最終日に、サラっと見に行きました。
殆どコンテナ展も見てないし(というか、混み混みで並んでまで見ようとは思わない感じ。)
商業主義にどんどんなってってる感じだし例年通りな雰囲気が会場全体から伝わってきて、
超超そそられる!ってプロダクツには出会えなかったのが正直な感想。

ただ、新しい素材、壁紙とか貼り地を見るのは楽しかったし、
へー、こうゆう構造もアリかぁ。って机にも出会えたし
マーケットで売られている海外モノは相変わらず見ていて楽しいしって、
なんだかんだ得るものは有ったかな。

ただ、no photo!なのでblog的には楽しくないです…
最初no photoに気が付かず撮った数枚のみ。
なので帰ってきて一週間以上たつと益々記憶が薄まってやばいです。
いかにデジカメに頼っているか痛感@

-----------------------------------------------------------------------------------
d0029840_3415312.jpg

elitis at manas
フランスのファブリック・壁紙のブランド、"ELITIS"
繊細で、大胆で、近くに寄って見ても素敵だし、色味も微妙な色合いで、いいなーと。
後で調べたらGucci,Cartier,Dior,Four seasons Hotel・・・など、凄い実績を持ったブランドでした。
まだ20年しか経ってないブランドです。

d0029840_349837.jpg

d0029840_3492680.jpg

Blickfang Tokyoの中で気になったアイテム。
シフォンケーキを焼きまくる&シリコン型大好きなマミーのお土産にしたかった一品。
わかりやすいデザインで好感度◎
designer : DING3000.
↑webも結構楽しい。写真のケーキフォームで焼いたケーキも載ってます。
ちなみにメーカーはkonstantin slawinski
こちらのwebも家庭用品好きには堪らない内容です。
d0029840_403522.jpg

マジックテープで簡単に着け外せるキーホルダー。
これ、鍵を無くしがちな私にぴったり。
最近は乗らないけど、自転車の鍵とか、これにつけたらすごく良さそう。
designer : ADAM + HARBORTH
ベルリンのデザイナー。
これもメーカーはkonstantin slawinskiでした。

d0029840_46183.jpg

夢があるなーって思ったのはこれ。
本の間に挟んで使う照明器具。
すーごい豊かな気分に浸れそう。

d0029840_41552.jpg

個人的に大好きなセラミック系。
designer : eliza rajsz
ポーランドの女性デザイナーのジュエリー。
わざと割った様な形状のパーツがピアスに。
シルクで刷った様なクラシカルな柄も魅力的。
一組3000yen位だったかな。
d0029840_4214095.gif

designer : biaugust
なんか良くわかんないけどオフィスは台湾?だけどデザイナーは日本人?
くるくる回るティーカップ。回す意図はサッパリなんだけど、グラフィックが良い。
上のピアスもそうだけど、飽きはくるだろうけど、可愛いから欲しくなる、そんな感じ。
スパイスな役割って感じで。
↑ウサギの動くweb.アリスを思い出します。

d0029840_4281524.jpg

100%design tokyoで一番気になったのはこちら。
table29というテーブル。
designer : chuck mack design
アイスランドのデザイナーの様です。
この、構造に目が行きました。
アイスランドのコーナーは、洗練されすぎてなくっていいかんじ。

もっとちゃんと見回れば良いのあったかもだけど、
やっぱり気になるのは海外モノ中心になってしまいます。
[PR]

by hempine | 2008-11-16 04:32 | arts&design
2008年 11月 10日
designtide 2008
d0029840_22474027.jpg

d0029840_22484345.jpg

design tide 2008.
場所をミッドタウンに移して。結構狭くなったしメジャー感が出てきてるけどどんなかな。
こーんな風に不織布のぶら下がった会場。
d0029840_22491890.jpg

洋服好きな彼の気になったプロダクツ。
お洋服かけやすいのかな?
バーにひっかけるの実は難しい!?
ハンガーって、悩ましいアイテムだと思います。
本好きが本棚を悩むより、雑誌好きがマガジンラックを悩むより、
服好きはクローゼットに悩みを抱えているはずだと思うのです。
d0029840_22514482.jpg

お気に入りの一着はいっそこんな風に飾りたい?
贅沢~
私ならマルタンマルジェラのアーティザナルをかけたい。
ネックレスを巻きつけたりして。
d0029840_22541364.jpg

d0029840_2255025.jpg

私の一番はこれ。
相変わらず陶器好き。
amabro
ジャパンメイドです。てか村上周?
なんてゆうか、タイドマーケットでは、ストリート感のあるものに惹かれます。なんでかな。

ミッドタウン内で、日本のお土産をデザインする?みたいなのもやってました。
d0029840_2332425.jpg

adidasのパテントにひっかからないか心配@
d0029840_234074.jpg

うちの大学の卒制で大学院市長賞をとっていた作品。
またこんなところで見られるなんて!!
連作になっていてすっごく良かった*
これは卒制で出ていた分。
やっぱ工芸は素材が武器になっていて強い。圧倒的存在感。
[PR]

by hempine | 2008-11-10 23:06 | arts&design