2009年 04月 13日
book
d0029840_2255593.jpg

気分が乗ってきたんで、parisで買ったリボンでピアスを作ったり。

最近読んだ本が2冊。

ヨーロッパ退屈日記 伊丹十三
伊丹さんの語り口が痛快。
特にヨーロッパが日本に対して圧倒的に勝っている、デザインやアートや
そういった豊かさの部分を、私的なコメントでもってずばずば言うのが心地良い。
あぁ、ヨーロッパってそうだなって共感出来るフレーズがいっぱい出てきます。
私なんか、駅ひとつとっても感動します。
全てのものにデザインというエッセンスがかかっていて、
みんなが詩的に生きている様に見えますもんね、特にparisなんかは。

今日もていねいに 松浦弥太郎
松浦さん2冊目を読んでみました。
ややもすると単なる説教本にも成りかねない内容ですが、私には気持ちよく入ってきました。
日常、曖昧にしちゃっていることや、良いと分かっていても怠慢にしていてやっていないこと、
人に対しても、ものに対しても、自分に対しても、。
松浦さんがもし本当に、この本に書かれた様な生活をされている、としたら、
繊細で、意思の強い、まさに「ていねいな」方なんだなーと。
「日々の100」で垣間見られた暮らしぶりの源を知った気になりました。
私も手始めに、「一つ買ったら一つ捨てる」からはじめてみようかな。
[PR]

by hempine | 2009-04-13 23:13 | books&magazines


<< amrita      hair accessories 4 >>