2009年 03月 09日
bonnat chocolatier
2年前にberlinのチョコレート屋さんで、たくさんチョコレートを買って帰りました。
塩味の効いたのや、ほとんどカカオに近いものなど、店主の勧める変わったチョコレートばかり。
チョコレート大好き!な私には、テンション上がりまくりなお店でした。
d0029840_2147890.jpg

d0029840_21353217.jpg

↑この方がチョコレートオタクなご主人


d0029840_21521765.jpg

そこで、hot chocolate用のチョコチップを買いました。
カカオ80%で、ミルクに溶かして飲むとなかなか美味。
ココア大好きなのでよく飲むのですが、
これはカカオ80%のせいもあり、じっくり火にかけないとなかなか溶けないほどでした。
めちゃくちゃたっぷり400g入りなのに冷蔵庫の中でこかしてダメにしちゃったこともあり、
ホットチョコレートにしたり、クレープに混ぜたり、ケーキに入れたりして、1年で消費。
でもこの缶がなんともレトロで素敵かも!
ということで、しばらくペンたて?何でも入れに使っていました。

海外では「日本には無い!」って意識で買うんだけど、さすが日本に何でもありますね。
確かに、ここのブランドの板チョコは成城石井で見た気がします。
パッケージが缶なだけで気が付かなかった。
日本人はグルメだし、行かずとも何でも手に入りますよね。
でも、berlinのチョコレートのお店『in't veldは日本では考えられない程の素敵さです。
チョコレートを買いにberlinへ行きたいと思わせる程のお店でした。
[PR]

by hempine | 2009-03-09 21:54 | foods | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/9442447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< knitting      A >>