2008年 12月 01日
Dieter Rams
d0029840_21312312.jpg

純粋なる形象-ディーターラムスの時代- @サントリーミュージアム

すごく良かった。
木・プラスチック・ガラス・アクリル・鉄・アルミ・・・
素材と素材の組み合わせ方や、細かなディティール。
モノの顔を作るのがすごく上手くて、
シンプルなんだけど、足りない感じはしなくって、
ちょうど良い感じ。
すごく良い展示でした。

うちのブレンダーはブラウンなんだけど、
古いブラウンのブレンダー兼ハンドミキサーには驚いた!
ちょっとへんてこりんなプロダクトもまたご愛嬌かな。

もういっかい、見に行きたい位かも。
[PR]

by hempine | 2008-12-01 21:32 | arts&design | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/9001712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enjoythemoment at 2008-12-01 23:02
ほ〜。美しいデザインですね。これは。。ターンテーブル兼ラジオ?
Commented by hempine at 2008-12-01 23:21
enjoythemomentさま
その通りです*1956年のブラウンのラジオ・レコードプレーヤーです。
今見ても新鮮なデザインですよね・・・
Commented by donchi at 2008-12-03 16:57 x
この画像見て天保山行きたくなったわー!
飽きのこないデザインで素敵。
Commented by hempine at 2008-12-03 23:46
是非行ってみて*
素敵プロダクツ*


<< album      A BAG FOR HAPPI... >>