2007年 11月 07日
space for your future
designer's weekにあわせて、週末はtokyoで過ごしました。

去年は激動?の一週間。
100%design tokyoに出展していたこともあって、まる一週間design漬けだったけど、今回は1.5日だけ。見るところは見て、諦めるとこは諦めるというスタンスで臨みました。

まず、art!東京現代美術館で、space for your futureを見ました。
結論から言って、すごくよかった!

まず、fashion.
cosmic wonderはいつも写真で見ていた前田さんの世界がそのままあって。
blessも、コンセプトがダイレクトに伝わってきて良かったですね。
d0029840_23435736.jpg

初めて知ったアーティストで好きになったのは、Barbara Visser.
「俳優と詐欺師」という映像がスクリーン両面に上映されてたり、「トランスフォーメーションハウス」というアニメーションは、人の動きから空間・建築が構成されていく様が見てとれます。

d0029840_23445066.jpg

それから、Ernerto Neto.
「フィトヒューマネイド」という彫刻(クッション?)を、鑑賞者が身にまといます。
そのまま眠ってしまいそうになる心地よさ。見た目もおもしろくって。
ちょっと、「白雪姫の魔女」の顔みたいで。
座りながら、着ながら、SANNAの1/2モデルのフラワーハウスを眺められます。

建築といえば、石上純也の「四角いふうせん」もありました。
あの、ながーい、ほそーいテーブルのイメージから、インテリジェンスな印象を持っていたのですが、今回も計算されつくしていたのでしょうか。それで?って言っちゃいそうになるけれど、大きな大きな風船、迫力があったのも事実です。

他にも、カンパーナ兄弟の椅子や、蜷川実花、タナカノリユキの沢尻エリカなどなど、イマドキなアーティストも盛りだくさんでした。

ミュージアムショップ、NADIFFなんですね。思わず田中一光さんの色紙メモパッド買ってしまいました。(大学の授業を彷彿とさせます。京都芸大デザイン科の人だけに通じるね)

久しぶりに、面白い作品いっぱい見れて、何か作りたい!て気分になりました。
来年の1/20までやっているので、是非。
[PR]

by hempine | 2007-11-07 23:54 | arts&design | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/6525812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< tokyo designer&...      tokyo >>