2007年 08月 07日
designer
仕事で、水野学さん・佐藤オオキさん・山中俊治さん・柴田文江さんにお会いする機会がありました。
仕事が終わった後は、一緒に食事に。
わたしの席は山中さんの隣で、スイカのことや、インハウス時代のこと、日産自動車への就職のきっかけ、独立の機会、デザインとは・・・等々、本当に色々なお話が聞けました。
特に強く印象に残ったのは、
「インハウスデザイナーしていたら、違うんじゃないかと思うこともきっといっぱいあるはず。自分の実力不足や、また、声に出しても叶わない場合も多いと思う。
でも、忘れてはいけないのは、違うと思うことや、間違っていると思うことを忘れないようにすること。時代が追いついて、ぴったり来る時にすぐに出せるように準備しておくこと。ニーズや時代や市場がやってきたとき、キャッチできるように敏感になること。これだと思う」と。

優しくて、人を惹きつける魅力のある方でした。

casaやaxisなど、デザイン誌に載らない日は無い方々と長時間一緒に居て、話が出来るのは凄く貴重。

さいごに、「いま、仕事は楽しいですか?向いている職業と思います?」
との質問に、「凄く楽しいし、自分に向いている仕事だと思ってる」
と答えていただいて、嬉しくなりました。

モチベーションのあがるいちにちとなりました。
[PR]

by hempine | 2007-08-07 03:09 | arts&design


<< vacation      VOLVER >>