2007年 01月 15日
marimekko
d0029840_17255870.gif


小さいときから両親の趣味で、ベッドカバーはmarimekkoでした。

キッズ向けのファブリックで、家やクルマの柄。
(ローラアシュレイや、ラルフローレンの時もあったけど。)

とにかくめちゃめちゃ可愛いし、自分の子供ができたらきっと同じようにするだろうなって思います。
最近 marimekkoの日本版のサイトが出来たので見てみると、それぞれのファブリックのテキスタイルデザイナーがずらり紹介されていました。

一般的にmarimekkoといえばウニッコ柄が有名ですが、個人的にはあの「クルマ柄」に思い入れがあるので探してみると、びっくり!デザイナーは日本人だったんです。
これまでに2人の日本人デザイナーが在籍していたみたい。調べるとどこの会社にも日本人って居ることが多いですね。

さらに驚いたのが、「クルマ柄」のデザイナーがうちの大学出身の脇阪克二さんという方だったこと。
まさか北欧のファブリックを日本人がデザインしているなんて思わないし、小さいときに使っていたモノを同じ大学出身の人がデザインしてたなんてもっと思わないことだから、嬉しくなってしまいました。

調べてみると脇阪克二さんって、sou・souのデザイナーなんですね。
京都発のブランドで、足袋シューズや手ぬぐいなどなど、京都らしいアイテムがいろいろ、平仮名や数字をモチーフにしたファブリックはあまりにも有名ですが、これも脇阪さんのデザインです。
どこか繋がるところがあって、納得。


d0029840_1842140.jpg

marimekko、2007A&Wのお洋服も可愛いかったし、とっても若いデザイナーが居たり、プロダクツはもちろん、会社としても結構注目したい感じです。

d0029840_18164463.jpg
d0029840_18173737.jpg

A&Wのお洋服では、上の写真のドレスも可愛かったし、スカートも◎


キッズもめちゃめちゃ可愛い。
特にsamuさんのデザインの方がツボでした♪

d0029840_18185627.jpg

d0029840_18192289.jpg

d0029840_18204948.jpg


着せる子供が居ないうちから買い揃えたくなるほどの可愛さ。
来春も楽しみ。
[PR]

by hempine | 2007-01-15 18:23 | arts&design


<< Last Work      WAYNE COE >>