2007年 01月 12日
Chez Andreas och Fredrika

d0029840_2113455.gif

Chez Andreas och Fredrika @ graf media gm

見てきました。
grafがリニューアルされてから行くのは初めてで。
(土佐堀のあのあたりは冬はとっても風が冷たいから、冬に行くのが実は億劫。
よし行こう!と決めないとなかなか行けない、そんな感じなんです。)

で、リニューアルされたgrafを見ての印象なんですが、なんか正直、がっかりー。
grafって、1Fに工房があって、オヤカタ(ワンちゃん)が居てって感じ、とても雰囲気があって好きだったから。
なんだか、プロデュースするカフェをそのまま1Fに入れました、という感じで、もう、どこでも見られる雰囲気なんです。
きっとこれが何年か前なら私にも新鮮に写っただろうけど、うーん、いまここにコレ?って感じが否めないです。
(とはいってもやっぱりgrafメイドだからオシャレなんだけど)
細かいことを言えば、1Fのファサードの壁についているアルファベットとかも。もっと何かなかったの?って思ったり・・・

人の考える何歩も先を行く感を期待しすぎていたからか、自分がこれまで色々なものを見すぎたせいかわからないけど。

大きくなるってこういうことなんですね。。


で、今回のリニューアル第一発目のエキシビジョン。
スウェーデン出身の二人組、アンドレアス&フレデリーカの展覧会でした。
ヴィジュアルを中心に作品を作っているようで。
d0029840_2243376.jpg

ちなみにgmは5Fへ移動になっていました。

どう考えても、前の空間の方が素敵で、ショック!
これじゃ、たたのギャラリーやん!ってつっこみ入れたくなるのをぐっとこらえて。

展示はいつも通り、grafが入れ物を作り、アーティストとのコラボレーションというスタイル。
空間のなかに、お家が一軒。
以前のgmなら1Fにあったので家が入っているということが受け入れられやすいんだけど、今は5F。
それも狭い空間に無理やり入れているという感じで。
私、階のことをくどく言うようだけど、けっこうこれって重要な気がして。
だって、5階にお家を建てるって変じゃないですか・・・?
感覚的なものだと思うんだけど、なんか私には受け入れにくくて。

うーーーーん。

そのことばかり頭の中でぐるぐる回って、集中できませんでした(笑)


d0029840_2323575.jpg

これは、2Fかな?
こういう未完成な雰囲気は好きです。
今はfudoって名前になったみたいだけど、ソクラテスのときと内容は同じなのかしら。
ピザやカプチーノが美味だったので、また行ってみようと思います。
[PR]

by hempine | 2007-01-12 02:35 | arts&design | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/4547095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< WAYNE COE      N E W Y E A R ! >>