2006年 11月 16日
D-BROS / Paul Smith / CIBONE / tokyo hipsters club / LISN AOYAMA
Tide関連のイベントを。
めちゃめちゃ行きたかった本命の Super White by gf に行けなくてとってもがっかりだったんですが、
通りがかりに見たものも含め、Tide Extensionをざざっと。





d0029840_224414100.jpg

d0029840_22442119.jpg
d0029840_22442729.jpg
d0029840_22443424.jpg

■D-BROS "GとPのあいだ"■ @青山スパイラル
D-BROSファンにはたまらない空間だったのでは?
紙と印刷をベースに、これだけ展開できるのはやっぱりすごい。
私としては、何か新しい商品の発表を期待して行ったので、これまでのものを集めての展示だったのが少々残念。
けれど、D-BROSの考え方ややり方、みたいなものが強く伝わる方法で、"GとPのあいだ"が企画されていることがとても自然で、
この展示そのものをとっても、D-BROSらしいね、って言えるものになっているのが素敵だなって思いました。
一番下の写真は、青山むすびさんと、e.m.(アクセのイーエムかな?)からのお花。
展示会場の入り口にあったんあだけど、あまりに素敵だったので。



d0029840_231452100.jpg

■TALENTED - BRITISH STUDENT SHOW 2006■ @paul smith space
今回はDESIGN UKがらみの展示が各地であって、その一環のエキシビジョン。
コンペの入賞作品や、RCAの学生の作品の展示などなど。
ポールスミススペースって初めて行ったんですけど、いい建物。
ブランド自体はそこまで好きじゃないんだけど、ショップとしては素敵でした。
この、クマの形のゴミ袋が印象的でした。




d0029840_2348315.jpg

d0029840_2348195.jpg

■CIBONE COLLECTION■ @CIBONE AOYAMA
"non-design design"をコンセプトに、"ほんとうに美しいもの"を形にした、シボネの家具コレクション。
なによりこの8組のデザイナーがツボすぎました・・ミーハーかな、なんていうか、トレンディなデザイナーたちです。
e.m. / 形見一郎 / 片山正通 / 高橋紀人・神林千夏 / PIET HEIN EEK / RON GILAD / 森田恭通 / 中村拓志
特に、wonderwallと、JAMO ASSOCIATESはとても好きなので、両方入ってるのが嬉しい!
jamoのデスクや椅子のシリーズ、森田さんのブックシェルフ、ほんとうにそれぞれの個性が出ていて、キャプションがなくても誰の作品かわかるくらいです。

シボネは、それでなくとも尖ったセレクトで好きなインテリアショップ。
洋服のコーナーで、スズキタカユキやミハラ×プーマなんかと、ギャルソンが混在してるあたりが良い感じ。
空間も素敵。本のところや、moooiのばかでかいプロダクツなんかも見ごたえあるしね。
クリスマス関連の商品もナカナカよかったです。



d0029840_183094.jpg

■shinya kimura exhibition■ @ tokyo hipsters club
偶然見つけて入ったショップで、tideの展覧会してました。
バイクの写真とかに興味ないけれど、広い荒野の写真はショップの空気と合っていてなかなか◎
思いがけず入ったお店だったけど、デザイナーは誰?って聞きたくなるような空間!凄い・・
写真は、裏のあたり・本当はもっと凄いです。
関係ないけれど、ミュージシャンのY・Tさんも来ていました。
とっても背がたかくてびっくりでした。




d0029840_1284646.jpg

■東 好美展 『sens』■ @ LISN AOYAMA
東好美さんの陶器の作品が、ショップの中に点在。
lisnって、北山のが閉店して、烏丸と、青山だけなんですね。
cocon烏丸の、精華のところで、東さんの作品を見たことあったような・・・
ぐしゃり、と、まだやわらかい?って思う、土の作品。
lisn aoyamaは、kyotoとはまた違った雰囲気でした。

[PR]

by hempine | 2006-11-16 23:25 | arts&design


<< devilwearsprada      Design Tide >>