2015年 06月 01日
産前休暇を振り返る
d0029840_18465828.jpg
阪急うめだ本店にて楽しい催事がありました。
くるみの木の石村由起子さんの展示や、森のマーケット。
産前の散歩を兼ねて、3回も(!)足を運びました。

というのも、今日で妊娠41w1d、予定日から8日遅れなんです。
産休に入るまでは仕事していましたし、
正産期と呼ばれる37wからは、ウォーキングや拭き掃除等、体は動かしてきたつもりなのですが、ちっとも産まれる気配はなく・・・。
先週一度入院し誘発にもトライしたのですが、ダメでした。

そんな訳で気がつけば6月。
初産は遅れがちと言われますが、
お腹の赤ちゃんも、もう十分に大きいので、入院して明日手術で産むことに相成りました。
想像していたのと違う形になってしまうのは悲しいのですが、こればかりは仕方ないな。

でも振り返ってみると充実した産前休暇を過ごせたなと思います。
人生で初めての長期の休み。
一旦仕事を忘れて、出産と家のことに没頭できました!
 ・育児本の読書
 ・出産に向けてあれこれ揃える
 ・手づくり、刺繍
 ・近所、デパートなどでウォーキング
 ・徹底的に掃除、片付け
特に体を動かさなければ!となってからはよく掃除をしました。
元々掃除・片付けは好きなのですが、
長期の休みは旅行へ、土日も遊びに出ることが多く(!)
徹底的にする機会が少なかったんです。
キッチンやベランダ、お玄関など、細かいところまでやり尽くせたのがとても気持ちよく。
家族が1人増えることを考えて身軽になろうと、思い切った断捨離も出来たし、
収納を工夫をしたりと、産前休暇のお陰で家の中の快適性がグッと高まりました。
近所のMUJIに何度も行ったので、大きなお腹の妊婦は覚えられてしまったかもしれません。

あとは『最後の外出・外食』と言っては、夫と色々なところに出かけました。
思いがけず出産が伸びたので、『最後』を毎週末繰り返してしまいましたが、楽しかった。
母をウォーキングに付きあわせては、平日に色々なところでお茶したのも。

そんなこんなで子どもとの一体化生活も今日がラスト。
手術は怖いですが、赤ちゃんとのご対面を楽しみにがんばるとします。

写真は、くるみの木の催事で買ったものの一つ、有元さんの本。
病室で読もうと思って持ってきたけど、そんな余裕あるかしら。
[PR]

by hempine | 2015-06-01 22:04 | Expecting mother


<< 出産しました。      森乃お菓子 >>