2011年 10月 03日
Carcassonne
d0029840_22323896.jpg
コルドから一路Carcassonne(カルカッソンヌ)へ。
カルカッソンヌを見ずして死ぬな、と言われる程の城塞都市。楽しみです。
コルドの周辺は辺り一面ブドウ畑。ずっとこんな道でした。
d0029840_22401584.jpg
d0029840_22413594.jpg
d0029840_22414650.jpg
高速道路のチケット。
殆どが無料らしいのですが、€7程度支払った高速もありました。
そういえばETCのようなレーンもありました。
d0029840_224385.jpg
カルカッソンヌに入ると、こんな風な渇いた風景。
シテ以外には何があるのかさっぱりだったのですが、ローカルなところなのですねぇ。
d0029840_22453750.jpg
遠くに見えるのがシテです!
恐らく世界遺産登録区域はこの辺りから??
d0029840_22484471.jpg
シテと川を挟んで反対側に駐車して、歩いて橋を渡ります。
こんな可愛い観光列車も!
d0029840_22503439.jpg
トンガリ帽子のシテ。おもちゃみたい。




d0029840_22513151.jpg
実はシテの入り口まで車で行けることが分かったので、途中で引き返して車を取りに。
停めていたところの治安が良くなさそうな感じで気がかりだったのです。
シテの前の専用駐車場に停め直して、いざ中へ!
d0029840_22553772.jpg
お土産物屋さんが並んでいます。
ちょっと、清水寺の参道を思わせる感じ・・・え、違う?笑
d0029840_22564735.jpg
入場料€10位を払って更に中へ。
d0029840_22572541.jpg
ぐるりと長い長い回廊(のような形)の道を歩きます。
3kmだったかしら。かなり長いです。
途中、見晴らしのいい塔のようなポイントがあったり、
室内は博物館のようになっていました。
とにかく、この眺めに釘付けです!
d0029840_2314836.jpg
奥に見える建物が気になっていたのですが、サン=ナゼール大聖堂だそうです。
ここは遠くから眺めるのみ。
d0029840_2341369.jpg
はじめの門を入って、清水の参道みたいなところを通って、再度この写真に写っている門をくぐって、ブースでチケットを買い、手前の橋を渡って回廊部分に入る という訳。
分かりにくいかもしれませんが、とにかく厳重な構造。正に要塞です!
d0029840_2364973.jpg
d0029840_2371582.jpg
中庭を取り囲む回廊は、更に延びていて・・・
d0029840_2381640.jpg
城下町を見渡しながら・・・
d0029840_239723.jpg
物凄く見晴らしの良い回廊をひたすらに歩きます。
d0029840_2395815.jpg
円錐形のとんがり帽子。
d0029840_23103713.jpg
この辺りにくると、敵を見張る為だけの道 といった感じです。
建築様式も違いますしね。
d0029840_23115130.jpg
半分室内のところもあって。
非常口のサインもちゃんとデザインされています。
d0029840_2313621.jpg
やっとゴール!結構疲れました。。回廊、地味に階段も多かったんですよね。
d0029840_2315031.jpg
清水の参道(って勝手に呼んでる)で、クレープを。
お砂糖とバターだけのシンプルな味♪
d0029840_23172767.jpg
少しお天気が悪くなってきたところで、カルカッソンヌ終了!
d0029840_2318772.jpg
d0029840_23183368.jpg
と思いきや、シテのすぐ外にお墓が。
雰囲気が良かったので写真を撮ってしまいましたが、オバケが写ってなくてよかったぁ。
d0029840_23195172.jpg
ここから、車を返しにトゥールーズへ戻ります。
ふぅぅ。沢山移動した一日です。
[PR]

by hempine | 2011-10-03 23:20 | 2011 France | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/14687593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふみ at 2011-10-05 14:58 x
こんにちは。僕も6年くらい前にカルカッソンヌにいきました。
当時村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』が好きで、城壁のある街を見てみたいと思い、特に下調べもしないままパリから電車で何時間もかけていったのを覚えています。
ここのユースホテルのおばさんが日本語を流暢に話せて宿代は安いしなぜか3日間も滞在しました。

記事を読みながらああ懐かしいなあ、ああまた行きたいなあとしみじみ思いました。
Commented by hempine at 2011-10-05 22:53
ふみさま*
コメントありがとうございます!カルカッソンヌ行かれたんですね。
私は周りで行った人を聞かないので、かなり珍しいですね〜。
シテにしか行きませんでしたので、城下町がどんなもんか分からず仕舞いです。
同じフランスでも広いので、街によってカラーが違って楽しいですよね^^


<< to Barcelona      Cordes sur Ciel >>