2005年 07月 18日
展覧会レビュー②
d0029840_226486.gifゴッホ展@国立国際美術館、行って来ました。
開館時間が30分早まったのにも関わらず、朝イチで40分待ち、入ってからも、セール会場並の人の多さでろくに作品見られませんでした…
でも、普段美術館なんか行かない人の足をも向けさせるって、やっぱりゴッホ、凄いなぁ、なんて思ったり。

d0029840_22122683.jpgあと、シュテファン・バルケンホールの木と彫刻のレリーフって展示があったんですが、噂どおり、こちらの方が見ごたえがありました。ドイツの彫刻家なんですが、ユーモラスでオシャレな色使いが、なんとも。これが見れただけで満足かも。

そうそう、やっぱり最終日の展覧会では、大阪の美術館とはいえ大学の知り合いに会いますね~
U君&Mちゃんカップルに、デザ科のF助教授ファミリー。外で会うと、ドキッとする(笑)

d0029840_22185382.jpgそして、昨日からはじまっていた、
ウィスット・ポンニミット個展「Melo」@ graf media gm
ここで書いてしまうとかなりネタばれしちゃうので、
詳しい事は言えませんが、
こんな個展、見たこと無い!
すっごく面白かった~ちょっと遊園地のアレに近いかも!?
とにかく、お薦めです。
イラストもカワイイし、grafの作り出す空間無くしては、実現し得ない個展だなって思いました。
8月28日までやっているので是非。私もまた見に行きたいです☆

d0029840_0365386.jpg
写真は、「Melo」の一部。
この位しか載せれませんっ。
[PR]

by hempine | 2005-07-18 22:34 | arts&design | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://blankism.exblog.jp/tb/1312792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from composition at 2005-07-19 20:02
タイトル : ゴッホ展
先月、中之島にある国立国際美術館で開かれている「ゴッホ展」を見に行ってきました。日曜日ということもあってかなり人が多かったですが、30分ほど並んで入れました。ゴッホの作品は何度か見た事はありましたが、初期の作品から有名な晩年の作品まで流れにそってかなりたくさんの作品を一度に見れて、かなり充実した展覧会でした。しかも作品との距離がすごく近い!誰か触る人がいるんじゃないかと心配になるくらいでした。しかしかなりの近距離でゴッホの作品を見ると、あのコテコテとした絵の具の盛り上がった感じや、生々しい筆のタッチが...... more
Commented by funkey-design at 2005-07-19 20:24
初めまして。私もトラックバックさせていただきました。
そしてブログも見させていただきました。イスのデザイン等の勉強されてるんですね。私は大学ではグラフィックデザインの勉強をしてました。今は仕事としてやってます。あと絵を描いていて、クラブイベントやカフェなどで展示しています。またよかったらブログ覗いてみてください。


<< 工場!      フェス☆ >>